Androidアプリ開発講座|ピーシーブレイン

information とことんサポート内容 講座一覧 様々な問い合わせ FAQ 会社概要 お申し込みの流れと料金 講座お申し込み用画面 line
学習用メッセージ
office系完全マスター

Androidアプリ開発講座

Java基礎+スマホアプリ開発
スマホ(アンドロイド実機)がなくても学習可能!

基本用語を理解した上で、実践的に
プログラミング出来るようになります!

Android(アンドロイド)とは

Androidを利用したプログラミングは、「こんなことまで出来るんだ!」という驚きの連続だと思います。
仕事でアプリ開発に携われる能力、あるいは自身のアイデアで開発したアプリケーションを市場で販売する能力を身に付けることを目指します!

Androidアプリ開発講座学習の流れ

いくつもの簡単なプログラムを作成することにより、Androidプロジェクトの構成を把握して頂きます。 Androidアプリケーションの開発にはJAVA言語を利用します。JAVAのプログラムと、画面表示用のレイアウトファイルや、システムを起動するための基本情報(マニュフェストファイル)等を上手く連携させることにより手軽にAndroidアプリケーションを作成することが出来ます。
先ずは、それら各構成要素の機能は勿論のこと、その関連性をしっかりと理解した上で、プログラミング学習を行うことが非常に大切です。そこが欠落していると、何かトラブルが発生した場合に上手く対処することが出来ません。
実践で使えるようになるツボを押さえます。
作成したアプリケーションを実行する際は、お手持ちのAndroid携帯端末か、エミュレータ(PC上で構築する環境)を利用して結果を確認します。
プログラミングの技術を身に付けるためには、テキストを読みふけるだけではダメです。手と頭をバランス良く動かすことが大切です。手を動かすとは、実際にプログラミングするという事。
当社教材を使用することで、手を動かしながらスキルアップする事が出来ます。発生するトラブルを解決することによってスキルアップします。
実際に自分でプログラミングすると「何故か上手く動作しない」ことがよくあります。「手を動かして」実際にプログラミングすることにより「自分が理解していない箇所」が判ります。
そして、是非サポートを受けて下さい。 独学には限界があります。

Javaサポート

テキストで学習中に・・・

・ プログラムの解答を参照しても、今ひとつよく分からない。
・ 何故そういう記述をする必要があるのか?
・ そもそも解答通りに記述しているが何故か上手く動作しない。
等々、疑問があればその都度質問可能です。
判らないまま途中で挫折することはありません!
教材の指示に従うだけで簡単にAndroidアプリケーションを開発するための環境が整います!
これは、重要なことです。適切なAndroidシステム開発環境を整えられずに、プログラムを学ぶ以前に挫折してしまう方も多い筈です。
教材にも勿論環境設定の手順を記載しておりますが、何か問題が発生した場合でもしっかりとサポート致します。

Java言語講座教材 Androidアプリ開発講座教材 動画解説付
Android講座サブタイトル 動画解説付

プログラミング未経験の方へ

学習の仕方が判らない、本を読んだけど判らない、環境設定の仕方が判らない等、プログラミング初心者の方でも、当社オリジナルテキストに詳しく説明しております。
初心者の方にとっては、以下に並ぶ単語は全く理解出来ないと思いますが、教材には丁寧且つ詳細に説明してあります。
判らない場合でも、とことんサポートを受けることが出来ます!
<環境設定>
・アプリ開発には、Android Studioを使用。
※JAVA言語の基礎学習時は、Eclipseを使用。

<JAVA言語の学習>

JAVA言語の基礎やオブジェクト指向についてしっかりと学習した後で、アンドロイド(Android)システム開発の学習を始めます。
JAVA言語の学習内容の詳細については、JAVA講座の方を参照して下さい。 ※教材にはJAVA言語学習用のテキストも同封しております。

<プロジェクト内の各構成要素について>

・各種リソースの定義とその利用方法
・文字列定義とその意義を確認
・レイアウト定義
・ビューグループ
リニアレイアウト、絶対レイアウト、相対レイアウト、テーブルレイアウト、フレームレイアウト、スクロールビューとその各属性値について詳細に学習。画面レイアウト作成時のポイントを理解することが出来ます。
・各種ビュー
TextView、EditView、Button、CheckBox、RadioButton
ImageButton、ImageView、ListView、GridView等々
各属性値について詳細に学習。 XMLを直接記述して作成する方法とレイアウト定義用画面(Android Layout Editor)を利用する方法と合わせて学習します。

画像・音楽・映像・GoogleMap・電話・メーラ等
ケイタイの機能を広く活用して学習!

<Androidアプリケーション開発の基礎と実践>

テキストによる学習&ポイントマスター解説

文章や図だけでは解説しきれない点について、動画を収録しています。テキストと動画による解説を合わせて参照する事で、判り易く詳細に学習することが出来ます。
JAVAの基礎、抽象クラスやインターフェースを使用する意義の具体例や、コールバックメソッドの活用方法に至るまで詳細に解説!

Activityの基礎とイベント処理

アクティビティとは、Activityクラスを継承して作成するJAVAのクラスファイルを指します。Activityクラスは、Android SDKに含まれる多くのクラスの中でも、最も重要なクラスです。Activityを利用して、イベントやイベントリスナーについて学習。
・イベントリスナーの定義とその組み込み方法
Androidアプリケーションを学ぶ上で、先ず大切なことはイベントの概念です。各種イベントを取得して上手く活用することが重要です。 内部クラスや無名クラスについて合わせて学習。
・各種アラートダイアログとメニュー組み込み方法

Activityのライフサイクル

Activityがどのような経過を辿って起動し終了するのかを学習します。何故、Activityのライフサイクルに気を配らなくてはいけないのか?
ActivityとAndroidシステムの関係をしっかりと学習。テキストの説明だけではなく体感して学習。

エミュレータの効果的な活用方法

エミュレータを効果的に活用する方法を学びます。
また、SdCardの活用方法、デバッグ手法とログの出力方法、及びその確認方法について詳しく学習。

アクティビティとインテント

Androidの最も重要な機能の内の一つであるインテントについて学習します。
別アクティビティの呼出し/アクティビティ間の各種情報の受け渡し/明示的なインテントと 暗黙的なインテント/ブロードキャストレシーバー/アクションとは/インテントフィルタとその優先順位等々

通知機能のいろいろ:ノーティフィケーション

何らかのイベントが発生したことをユーザーに通知するための仕組みです。
音を鳴らしたり、バイブレーションさせたり、LEDを光らせたり、アラームを作成したり・・・基礎も理解出来た頃で、楽しく学習することが出来ると思います。

テキスト(文字)データや画像の保存と呼出し

データを携帯端末内に保持する方法として、プリファレンス、ローカルファイルといった機能を選択することが出来ます。
夫々の特徴を生かして、テキストファイルや画像データを保存し読みだすことが出来ます。他のアプリケーションから利用する方法も合わせて学習。

マルチメディアの活用

MP3やMP4といった音声や動画を再生しコントロールします。
DDMSを利用した各種ファイルの配置方法や扱う際の注意点を合わせて学習します。

WebViewの活用

WebViewとは、Androidアプリを構成する部品の1つです。
WebViewを利用することにより、既存のWebサイトをアプリ画面内に表示することが出来ます。単に表示するだけではなく、WebアプリとAndroid間でデータの送受信を行います。これによりAndroidアプリの応用範囲が格段に広がります。


Copyright(C) PCBRAIN Corporation 1998-2016. All rights reserved.
ページトップ ページトップ