AccessADO+SQL講座|ピーシーブレイン

information とことんサポート内容 講座一覧 様々な問い合わせ FAQ 会社概要 お申し込みの流れと料金 講座お申し込み用画面 line
学習用メッセージ
office系完全マスター

AccessADO+SQL講座

AccessVBAを理解している人が対象です。

動画解説付 Accessのバージョン Accessのバージョン

AccessADOとは

ADOは、各種データベースをアクセスするコンポーネントです。OLEDBプロバイダを介して、様々な種類のデータベース(SQL Server、Access、Oracle等)に 同じ手法で接続することを可能にします。接続した後は、DBの種類に関係なく、同じ手法でデータベース操作を行う ことが出来ます。
※ADOX(ADO Extensions for DDL and Security)と呼ばれるADOの拡張コンポーネントがありますが、これも合わせて学習します。
ADOを利用することにより、テーブルへの入出力(読み書き)をAccessの自動連結処理で行うのではなく、システム開発者自らがプログラムを記述することにより、テーブルへの入出力を行うことが出来るようになります。これにより、より柔軟性のあるシステムを開発することができ、 VBAの応用範囲も格段に広がります。

SupportImg4

重要な点は、ADOやADOXをいつどのような場合に利用するの?ということを理解することです。
Accessのスキルをレベル分けすると、おおよそ次の3つのレベルに分けることが出来ます。
1.VBA未使用の範囲でシステム化。
2.ケースに応じてVBAを利用してシステム化し、テーブルへの入出力は全て連結処理で行う。
3.ケースに応じて、ADO/SQLを利用出来る。
「ケースに応じて」という部分が重要です。VBAやADOを学んでも、そのテクニックをいつどのように 応用するのか判らないのでは、スキルを身に付けたことにはなりません。 「必要に応じて適材適所」で活用することが出来る知識を身につけることが大切です。

AccessSQLについて

SQL(Structured Query Language)とは、AccessやSQLServer、Oracleでも活用することのできるデータベース操作を行う為の言語です。
Accessに於いてはクエリの実態になります。 クエリの実態であるSQL文をVBA上で操ることにより、更に柔軟なシステム開発を行うことが出来ます。 VBAよりもシンプルな構造ですので、SQL構文をしっかり押さえておくことにより、複雑な検索条件等にも対応できるようになりますので、様々なシステム要件に応える事が出来るようになります。 SQL構文について学習した後で、実際にVBAに組み込んでシステム開発する事例について学習して頂きます。
Accessでは、ADOとの連携によってSQLの機能を引き出すことが出来ます。VBA+ADO+SQLを使用したサンプルを学習後課題を解くことにより、実践で使えるスキルを身に付けます。

Accessを使用したADOとSQL講座

当講座では、先ず「VBA+連結処理」で、どのようなことまで出来るの かを確認(実践)して頂きます。
そのことを理解した上でADOを学習して頂きます。当社の「AccessVBA講座」を受講された方、若しくは AccessVBAの基礎をしっかりと理解されている方が対象となります。

AccessADO

1.データベースに接続
2.レコードセットを取得
3.レコード操作:移動/追加/削除/変更/検索
4.レコードセットの開放
5.データベースの切断
ADOを利用したシステム開発では、主に上記の順番で処理が推移します。その中でも「レコード操作」の部分が学習の中心になります。
以下の項目について、解説だけではなく、サンプルプログラムを用意しております。
・カレントレコードの参照&移動(MOVE系)
・カレントレコードの移動(ブックマーク系)
・カレントレコードの更新
・新規レコードの追加
・レコードの削除
・レコードの検索(Find)
・レコードの検索(Filter)
・レコードの検索(Seek)
・検索条件文字列の書き方
・Find 、Filter、Seek主な機能の違い
・パラメータクエリをADOから実行
・レコードセットの並べ替え
・テーブル一覧の取得(ADOX参照)
・パラメータクエリやアクションクエリの取得(ADOX参照)
・テーブル作成(ADOX参照)
・テーブル削除(ADOX参照)
・トランザクション制御(処理の整合性を保つ必要がある場合に必須) その意義と実装方法を学習
・ADOでは出来ないこと
・ADOを活用せずに対処する方法

テキストファイルの扱い方

テキストファイルの入出力(読み書きテキストファイルの操作手順

ADOを利用したシステム開発の実態を添削課題を解くことでり学習。ミニシステム通して・・・

・ループ構文の組み立て方
・マッチング処理
・エラー処理&ユーザーインターフェースの配慮
・効率良いデバッグ手法等々

AccessSQL

SELECT文(SQLステートメントによる問合せの基本構文)
全列の指定、1個以上の列を指定、別名について
計算式
ALLとDISTINCT
WHERE句
AND,OR,BETWEEN演算子
LIKE演算子
COUNT,MAX,MIN,AVG,SUM関数
GROUP BY句、HAVING句、ORDER BY句
等価結合、外部結合
相関名によるテーブルの略記
相関名による同一テーブルの参照
副問合せ(サブクエリ)
行の挿入,削除
SQL練習問題&添削課題
SQL-VBA内での活用事例
SQLを利用したレコードセットの作成
追加、更新、削除、テーブル作成(アクションクエリ)
DocmdオブジェクトのRunSQLメソッド
ADOのExcuteメソッド
RunSQLとExcuteの内部的な違い

VBA+ADO+SQLのセットでシステム開発を行う事例を検証


※対象となる試験:VBAエキスパート試験

AccessADOSQL講座教材

Copyright(C) PCBRAIN Corporation 1998-2016. All rights reserved.
ページトップ ページトップ